相続・相談コーナー

Q, 遺産分割協議後の名義変更に必要な書類は何ですか?

遺産分割協議が成立しましたら、各種の名義変更を行う必要があります。

(1)不動産
・ 所有権移転登記申請書及び副本
・ 不動産の固定資産税評価証明書
・ 被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本・除籍謄本
・ 法定相続人の戸籍謄本
・ 法定相続人の住民票(本籍地記載)又は戸籍の附表
・ 法定相続人の印鑑証明書
・ 遺産分割協議書

(2)預貯金
・ 金融機関所定の用紙
・ 被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本・除籍謄本
・ 法定相続人の戸籍謄本
・ 法定相続人の住民票(本籍地記載)又は戸籍の附表
・ 法定相続人の印鑑証明書
・ 遺産分割協議書

(3)株式
・ 被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本・除籍謄本
・ 法定相続人の戸籍謄本
・ 法定相続人の住民票(本籍地記載)又は戸籍の附表
・ 法定相続人の印鑑証明書
・ 遺産分割協議書

なお、証券会社に預けている場合は、証券会社に手続きを代行してもらいます。自宅の金庫等で保管している場合は、名義書換期間(信託銀行等)から用紙を取寄せて手続きをします。

上記の書類は、遺言書がない場合の必要書類です。遺言書がある場合は、必要となる書類が異なりますのでご注意下さい。

また、書類は返却してくれるものと返却してくれないものがあります。返却されれば、書類を使いまわすことができます。

最後に、提出先の各機関により必要書類が異なる場合があります。ご確認上、手続きをして下さい。

相続・相談コーナーTOPへ