相続・相談コーナー

Q, 相続税額がゼロでも申告が必要な場合があるそうですが?

配偶者に対する相続税額の軽減や小規模宅地等の減額などの納税者にとって有利となる特例は、相続税の申告をして初めて適用になります。
従って申告をしない場合には、それらの特例を受けられないこととなり、結果税額が発生することにもなりかねません。
あとで「納得がいかない」と主張しても、これが法律なのです。事前にご相談ください。

相続・相談コーナーTOPへ